×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

香典の相場の現状

香典の相場は3,000円から1万円ぐらいが相場。一般的に、血のつながりが濃いほど香典 相場は高額になるようです。
親の場合は10万円、兄弟であれば5万円、その他の親類は1万円が相場です。勤務先関係か友人であれば5千円がめやすとなる。
ただし、香典は付き合いの程度によって、もっと多く包む場合も出てくる。たとえば夫の同僚の家族の場合、
単に同僚ということだけなら5千円、家族ぐるみで付き合うほど親しければ2万円といった具合に、
親密度によって香典金額は変わってくる。同じように、となり近所の場合、日頃のつき合いの親密度から3千円をつつむ場合と、
5千円をつつむ場合がある。地域のしきたりなどによっても異なる場合があるので注意が必要。
香典を何人かでまとめて送る場合は、香典返しのことも考えひとり当たりの金額が少なめにならないようにする。
上司の不幸の場合は、部下が香典相場を越えて包むのは失礼に当たる。

香典の相場はズバリ!

香典 金額の決め方
自分の家で不幸があった場合、どの程度いただいたかをめやすにして、金額を決めると良い。
親類、近親者の場合の香典は、親類の主だった人にたずね分相応に相場とするのがよい。
仕事の関係なら、まず上司や先輩に相談し、職場の風習や前例にならうのが無難な相場。職場では、
部・課・グループなどで仲間同士が出し合って区切りのよい金額にまとめ連名で包むのも合理的な方法。
香典 相場は、40代以上ならば5千円包んでおけば無難。よほど親密でもない限り1万円ということはない。
香典は、目上に薄く、目下に厚くが冠婚葬祭の原則的な考え。40代でも年齢が離れた年上の方には3千円でもよい。3
0代以下は3千円が相場。奇数にするとよいと言われているので3千円が下限。上司の不幸の場合は、
部下が相場を越えて包むのは失礼に当たる。香典は、多すぎても少なすぎても失礼。相談できる人があれば相談し、横並びにするのが無難。
香典に使用するお札は、新札を包むと用意をしていたようでいやがられる場合があるため新札はつかわない。
しかし、ヨレヨレのお札では失礼。比較的きれいなお札を包みたい。新札の場合は、一度折り目を付けるとよい。

香典の相場。気をつけること。

香典 金額の決め方
自分の家で不幸があった場合、どの程度いただいたかをめやすにして、金額を決めると良い。
親類、近親者の場合の香典は、親類の主だった人にたずね分相応に相場とするのがよい。
仕事の関係なら、まず上司や先輩に相談し、職場の風習や前例にならうのが無難な相場。職場では、
部・課・グループなどで仲間同士が出し合って区切りのよい金額にまとめ連名で包むのも合理的な方法。
香典 相場は、40代以上ならば5千円包んでおけば無難。よほど親密でもない限り1万円ということはない。
香典は、目上に薄く、目下に厚くが冠婚葬祭の原則的な考え。40代でも年齢が離れた年上の方には3千円でもよい。3
0代以下は3千円が相場。奇数にするとよいと言われているので3千円が下限。上司の不幸の場合は、
部下が相場を越えて包むのは失礼に当たる。香典は、多すぎても少なすぎても失礼。相談できる人があれば相談し、横並びにするのが無難。
香典に使用するお札は、新札を包むと用意をしていたようでいやがられる場合があるため新札はつかわない。
しかし、ヨレヨレのお札では失礼。比較的きれいなお札を包みたい。新札の場合は、一度折り目を付けるとよい。

Copyright © 2007 香典の相場はコレくらいだ!